使い終わったトナーカートリッジの廃棄方法

一般ごみとして収集所に出すのは難しい

プリンターやコピー機に使われるトナーの廃棄方法を自治体のごみ処理関連の部署に問い合わせても、一般ごみとしての引き取りが難しい場合があります。産業廃棄物として指定業者に処分を依頼するか、取扱店に回収を依頼するように指導されることもあるでしょう。これは、カートリッジの中身が問題になることがあるからです。一般用のゴミとして廃棄すると、カートリッジの中に残っているインクの粉が原因で粉塵爆発を起こす危険性があります。同様にカートリッジに使われているプラスチックも廃棄処理をした際に粉状になるため、爆発を起こす危険があり、持ち込みを禁止することがあります。自治体によっては、燃えないごみや埋め立てごみとして処理できる所もありますが、資源保護の観点から捨てずにリサイクルするようにアドバイスを受けることもあるでしょう。

メーカーに出してカートリッジをリサイクルする方法

トナーカートリッジをリサイクルするためには、所定の方法で回収してもらう必要があります。著名なプリンターやコピー機を扱うメーカーでは各社で協力して、主要な場所にある郵便局や自治体の施設に回収ボックスを設置しています。メーカーの関連施設や商品を扱う家電量販店でも、メーカーごとの回収ボックスを設置していることもあります。最寄りの回収ボックスに使用済みカートリッジを投入するだけで気軽にできる廃棄方法です。他には、メーカーと物流会社が提携して宅配便にて回収する方法もあります。回収対象外の商品があったり、いくつか本数をまとめて送付するようにという規定もある場合があり、注意が必要です。リサイクルする場合には、回収された後に洗浄や検査、摩耗した部品の交換などを行い新たに印字用の粉を詰めて再販されます。

互換品を販売する企業に引き取りを頼むこともできる

メーカー以外で互換性のあるリサイクルトナーの製造と販売を行っている業者では、純正品の使用済みカートリッジを積極的に行っている会社もあります。商品を取り扱う商業施設や、公共施設や学校等でメーカー品のように回収ボックスを設置している場合があり、純正カートリッジや自社で販売しているトナーを回収していることもあります。多くは自社の販売サイトを通じて送付を呼びかけているので、廃棄方法としては、事前に所定の連絡先に電話やメールで通知して梱包をし、配送する必要があります。カートリッジの運賃がかからないように、連絡をしてきた人に着払い伝票を送る会社もあるので、無断で送付しないように注意してください。原則として、他社の互換カートリッジの回収は受け付けていないので絶対に送らないようにしましょう。

記事一覧