使い終わったトナーをリサイクルしませんか

ギリギリまで使ったらお店に持って行こう

プリンターを使うことがある人なら、必ずトナーを使います。自宅で印刷をする時にインクが少なくなったと表示され、ギリギリまで使っていませんか。限界まで達すると使えなくなるので、新品と交換することになります。問題は、交換した後です。そのままゴミとして処理してしまうのはもったいないので家電量販店や文房具店などに持って行ってください。回収箱が置いてある店舗に持って行って回収箱に入れましょう。これだけでリサイクルできるので、環境のことを考えて捨てるのではなく、再利用しませんか。店舗のインク売り場や入口などに回収箱が置いてあることが多いですが、場所がわからなかったらスタッフに聞いて回収してもらってください。インク売り場がある店舗ならば回収していることが多いです。

回収後にどうなっているのかを知ろう

使い終わったトナーは回収箱に入れるとそのあとどうなるでしょうか。あまり知られていませんが、その先を知るとゴミとして捨てるよりも回収箱に持って行こうと言う気持ちがより強くなるかもしれません。その後はリサイクルに回るのですが、インクが入っていないカートリッジを綺麗に洗浄します。カートリッジの中身が全く空の状態にして、その後はインクを充填します。つまり、カートリッジを再利用して、また誰かに購入してもらって印刷に使われるというわけです。カートリッジ自体は特に傷が付くなどしていなければまだまだ使えます。捨ててしまってはもったいないので、回収箱に入れるようにしましょう。

純正品と比べてとてもお得になる

自分が持っているプリンターに合っているものを探して使わなくてはなりません。この時、純正品を使っていますか。たしかに純正品であれば品質が確かなので安心して使えます。ただ、価格が高いと感じたことはありませんか。リサイクルトナーならば、かなり安い価格で手に入ります。カートリッジが中古ですが、中身のインクは新品なのであまり問題なく使うことができます。純正品よりもインクがたっぷりと入っていることもあるので、純正品と比べるとかなり安くなります。今では品質が高くなっているので純正品と遜色なく使えるでしょう。純正品と全く同じ色にはならないこともあるので、リサイクルトナーの色合いを確かめてから使った方が良いかもしれません。だんだんと品質の差が小さくはなっているので、試しに使ってみるのもいいかもしれません。

記事一覧