確実を求めるならば高いが純正のトナーを買うこと

これの詳細を正しく把握しておこう

トナーはプリンターのインクを詰める容器とインクの液体そのものを指します。その製品は一般的に純正と呼ばれる製品と、それ以外の製品とに分けることができます。純正と呼ばれる製品はプリンターの機械を製造するメーカー自身が製造したインクとなります。それに対してそれ以外の製品の大半はプリンターを製造していないメーカー自身が製造販売を行っています。そしてその両方が家電量販店やホームセンターなどでほぼ同じ場所で販売されています。

価格が違ってる理由はどこにあるか

その販売価格はほとんどは純正のトナーのほうが高くて、それ以外のメーカーのほうが安くなっています。前者が高くて後者のトナーが安いのにはそれなりの理由があります。前者はプリンターの製造メーカーの信頼のためにも高品質が要求されます。その高品質を追求するためには長年の研究開発が欠かせなく、それのための莫大な研究開発費を必要とします。そのためその研究開発費を回収するためにインク自体の価格が高めになります。しかもそれだけではなくてプリンター自体を薄利多売で販売した分を回収しなければなりません。今の時代のプリンター自体が薄利多売になってるのは、厚利にしてしまうとプリンターの価格が今よりもずっと高くなってしまい、プリンターの価格を見ただけで購買意欲がなくなってしまうからです。購買意欲を高めてもらうために、プリンター自体の価格を薄利にして低価格にし、それで何とか買えると消費者に魅力的にさせ、失った利益をインクで回収する仕組みとなっています。

こちらは元から価格を重視したために

一方でプリンター自体を販売していない他社製のトナーの場合は最初から低価格を前提に販売をしています。というのは高品質を追求していたのでは純正で充分だとする意見が多くなってしまい、ほとんど売れないことが大いに予想されてしまいます。その低価格を実現させるためには普通にやっていたのでは限界が見えてるので、さらに敢えて品質を落とすことで低価格を実現させています。その低価格低品質のインクを使用すると、インクの色合いが薄いなど写真向きでない他、インク残量が正しく表示されない、インク自体が漏れてしまってるなどの確率を高めてしまいます。そして最悪はそのためにプリンター自体が故障をしてしまいかねないとも言われます。そのため家電量販店の販売スタッフの中には、他社製インクを買おうとする人に対して注意を促すこともあります。なので安価な他社製を買おうとする場合はそのあたりのリスクを承知しておかないとなりません。

記事一覧